★1日自動車保険とドライバー保険との違い★

車離れが著しい日本では、他人の車を運転する機会も増えており、今までの自動車保険よりも便利な1日自動車保険が誕生しています。1日自動車保険は、他人に車を運転する際に加入する保険であり、これによって仮に事故を起こしても車所有者の保険を使わずに済むので、自分のせいで等級が下がってしまうことがありません。また、本限定など車の所有者が補償範囲を限定している場合も、保険が適用されないという最悪の事態を回避することが可能です。1日500円という保険料の安さと、スマホ料金と一緒に決済される使い勝手の良さから注目され、今では多くの方が利用しています。特に友人の車を運手したり、帰省中に親の車を運転する大学生などの利用が多いのが特徴です。1日自動車保険と似たような商品にドライバー保険というものが以前からあります。ドライバー保険も1日自動車保険と同じように他人の車を運転する際に補償がかけられる保険です。1日自動車保険と異なるのは、保険期間の長さです。ドライバー保険の場合は1年間となっており、それだけ保険料は高くなります。年間を通じて他人の車を運転する機会が多い人には最適ですが、帰省中や友達との旅行などちょっとした期間に加入するのには向いていません。また、大きな違いとして車両補償が付いていない点があげられます。1日自動車保険は、保険料が上がるものの車両補償を付帯することが可能ですが、ドライバー保険は付けることができません。車は高額でしかも他人の物なので、車両保険は是非ともつけておきたいものです。ここがドライバー保険のデメリットとなります。したがって、他人の車を運転する頻度が少ない人は利用する都度、1日自動車保険に加入して備えておくことをおすすめします。1日自動車保険は各社から販売されていますが、保険料や基本的な補償はほぼ同じです。契約方法や特約などで少し差が出てくるので自分が使い勝手の良い商品を選ぶと良いでしょう。

自動車