★オススメの生命保険は世代によって違う!ピッタリの保障にせまる!!★

生命保険はどの世代でも最適な保障内容は同じだと思っていませんか。もちろんお金をかければ手厚い保障に加入できますが、それでは毎月の支出が多くなってしまいます。必要最低限の保険料にして、残りは貯蓄や投資に回すほうがお金の使い方としては理想ですね。そこで今回は、ライフステージで起きる大きなイベントを軸としてオススメの生命保険を紹介していきたいと思います。まず、独身の方は、死亡した場合の自分のお葬式代が賄うために死亡保険金は200万円あれば十分です。それよりも医療保険で終身タイプに早く加入しておけば、安い保険料で手厚くかけておくことが可能です。次に、結婚している方は配偶者が専業主婦の場合や、子供がいる場合は生命保険を手厚くかける必要があります。残された家族の経済的負担を軽くするためにも収入保障タイプなどで、遺族年金では不足する分をカバーしていきましょう。ただし、マイホームを購入した場合はその分の家賃負担が発生しなくなるので、死亡保険金額を減らしてその分、老後の資金へ充てることをオススメします。住宅ローンで毎月の支払がある人も団信生命に加入していれば、もしものことが起きても残りの返済額が免除になるので、マイホームを購入したときは死亡保険金額を減らして毎月の保険料支出を削減しましょう。これは、子供が独立した場合も同じことが言え、養育費が以後発生しなくなるので、その分の保険料支出は貯蓄に充てるのが賢明です。また、子供が独立する年代になってくると健康面での不安も増えていく歳になるので、医療保険を充実させるのも良いでしょう。どうです?オススメの生命保険は年齢や家族構成で異なっていることが分かると思います。このようにライフステージごとに必要な保障は異なってくるため、生命保険は定期的に見直すことをオススメします。最近では、店舗型や面談型の保険サービスが充実しており、無料でFPなどに相談できるようになりました。自分で調べてもイマイチ理解できないとう方は、一度サービスを利用してアドバイスをもらっても良いでしょう。

生命保険比較ランキング※最適な死亡保障の備え方