★1日自動車保険とドライバー保険との違い★

車離れが著しい日本では、他人の車を運転する機会も増えており、今までの自動車保険よりも便利な1日自動車保険が誕生しています。1日自動車保険は、他人に車を運転する際に加入する保険であり、これによって仮に事故を起こしても車所有者の保険を使わずに済むので、自分のせいで等級が下がってしまうことがありません。また、本限定など車の所有者が補償範囲を限定している場合も、保険が適用されないという最悪の事態を回避することが可能です。1日500円という保険料の安さと、スマホ料金と一緒に決済される使い勝手の良さから注目され、今では多くの方が利用しています。特に友人の車を運手したり、帰省中に親の車を運転する大学生などの利用が多いのが特徴です。1日自動車保険と似たような商品にドライバー保険というものが以前からあります。ドライバー保険も1日自動車保険と同じように他人の車を運転する際に補償がかけられる保険です。1日自動車保険と異なるのは、保険期間の長さです。ドライバー保険の場合は1年間となっており、それだけ保険料は高くなります。年間を通じて他人の車を運転する機会が多い人には最適ですが、帰省中や友達との旅行などちょっとした期間に加入するのには向いていません。また、大きな違いとして車両補償が付いていない点があげられます。1日自動車保険は、保険料が上がるものの車両補償を付帯することが可能ですが、ドライバー保険は付けることができません。車は高額でしかも他人の物なので、車両保険は是非ともつけておきたいものです。ここがドライバー保険のデメリットとなります。したがって、他人の車を運転する頻度が少ない人は利用する都度、1日自動車保険に加入して備えておくことをおすすめします。1日自動車保険は各社から販売されていますが、保険料や基本的な補償はほぼ同じです。契約方法や特約などで少し差が出てくるので自分が使い勝手の良い商品を選ぶと良いでしょう。

自動車

★オススメの生命保険は世代によって違う!ピッタリの保障にせまる!!★

生命保険はどの世代でも最適な保障内容は同じだと思っていませんか。もちろんお金をかければ手厚い保障に加入できますが、それでは毎月の支出が多くなってしまいます。必要最低限の保険料にして、残りは貯蓄や投資に回すほうがお金の使い方としては理想ですね。そこで今回は、ライフステージで起きる大きなイベントを軸としてオススメの生命保険を紹介していきたいと思います。まず、独身の方は、死亡した場合の自分のお葬式代が賄うために死亡保険金は200万円あれば十分です。それよりも医療保険で終身タイプに早く加入しておけば、安い保険料で手厚くかけておくことが可能です。次に、結婚している方は配偶者が専業主婦の場合や、子供がいる場合は生命保険を手厚くかける必要があります。残された家族の経済的負担を軽くするためにも収入保障タイプなどで、遺族年金では不足する分をカバーしていきましょう。ただし、マイホームを購入した場合はその分の家賃負担が発生しなくなるので、死亡保険金額を減らしてその分、老後の資金へ充てることをオススメします。住宅ローンで毎月の支払がある人も団信生命に加入していれば、もしものことが起きても残りの返済額が免除になるので、マイホームを購入したときは死亡保険金額を減らして毎月の保険料支出を削減しましょう。これは、子供が独立した場合も同じことが言え、養育費が以後発生しなくなるので、その分の保険料支出は貯蓄に充てるのが賢明です。また、子供が独立する年代になってくると健康面での不安も増えていく歳になるので、医療保険を充実させるのも良いでしょう。どうです?オススメの生命保険は年齢や家族構成で異なっていることが分かると思います。このようにライフステージごとに必要な保障は異なってくるため、生命保険は定期的に見直すことをオススメします。最近では、店舗型や面談型の保険サービスが充実しており、無料でFPなどに相談できるようになりました。自分で調べてもイマイチ理解できないとう方は、一度サービスを利用してアドバイスをもらっても良いでしょう。

生命保険比較ランキング※最適な死亡保障の備え方

★カーライフと一日自動車保険★

「若者の車離れ」という言葉、ここ数年本当によく耳にする言葉ですね。この言葉が意味するように、内閣府の2014年の消費動向調査によると29歳以下の若年層の乗用車普及率は49.3%になり、ついに50%を割ったようです。若者比率の大きい都心では車を所有する場合に高額な駐車場代がかかり、ランニングコストは増えるばかりです。また、若者が多い街ほど駅周辺に商業施設が集中していることが多く、車を購入する必要性がありません。こういった要因からカーライフ事情はだいぶ変化してきており、「車は買うのではなく借りる」という利用の仕方をする人も増えています。そこで気になるのが一日自動車保険です。短期で車を利用する機会なら、自動車を所有していなくてもよくあるシチュエーションですが、そんな時の保険の加入は「一日自動車保険」が手軽でお勧めです。最近のカーライフの変化から、保険会社からも短期に特化した「一日自動車保険」がたくさん出ていますから一度調べておくと、いざという時に便利でしょう。しかもほとんどの「一日自動車保険」は500円から加入ができ、これならあまり運転をしない方でも無駄がなく手軽に加入できます。また、保険というとプランナーとの面談や提出書類が多いなど煩雑なイメージがありますが、多くの「一日自動車保険」がスマホからの加入が可能なのでとても気軽に利用ができます。実は携帯会社やコンビニからも一日自動車保険が販売されているのをご存知でしょうか。携帯会社から販売されている一日自動車保険と言えばドコモの一日自動車保険です。費用が気になるところですが、もちろん500円から選べるプランがありスマホから加入が可能です。最短で1日、最長で7日間の保険期間を選べるので旅行や帰省の際には一度契約すれば更新の必要がありません。プランは「車両補償なしプラン(500円)」と、「車両補償ありプラン(1,500円)」から選べ、「車両補償ありプラン」は借用自動車の復旧費用が300万円と充実しているのが嬉しいです。また、ロードアシストも充実しており、「車両搬送サービス」ではレッカー搬送(限度15万円)を行ってくれます。その他にも「燃料切れ時ガソリン配達サービス」などもまさかの事態に役立ちそうです。このように細かな補償内容の「一日自動車保険」にスマホから手軽に加入できるのは車を利用する方にとってはとても便利でありがたいですね。短期で運転する予定がある方にはぜひ利用していただきたい保険です。

FireShot-Screen-Capture-#061---'1日自動車保険比較ランキング※保険選びの決定版'---1日自動車保険_biz